スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技と理論

現在、特殊な椅子の製作をしています。
使用用途はユーザーに確認しないとダメなので、ここでは勘弁願いまして…

椅子なので、座る所なんか、3次元的に湾曲しています。この通りに作って欲しいとの要望です。
数があれば、金型を作ればいいのですが、受注は1個。(来年にもう1個)

午前中、生産前会議を行いました。
ここでは、作り手と展開者とで、作戦を立てます。
あ~する、こうするとの議論の果て、作り手の課長が、
「もうごちゃごちゃ言わんと、俺にやらしといたらいいねん」
そうすると、展開者が
「そんな、勘だけでやったら、次の時同じの出来ひんで」
技と理論のぶつかり合いです。

技だけでいくと、言うように同じものを作ることが難しいのと、いつまでたってもコストダウン出きない。
しかし、理論ばかりでは、絶対にモノにならない。
やはり、数値化出来るところは数値化しよう。
となり、本日は試作、テスト曲げで1日が終わりました。

山田製作所は、技と理論を兼ね備えることを強みにしたいと常々思っております。

最後に一言だけ言いました
「折角のいつもと違う仕事やから、楽しんで苦労しましょう」と…

本日のテスト品です。
DSCN0160.jpgDSCN0159.jpg

顧客から許しがでたら、公開しますね。
面白い仕事です。



技と理論の両立を目指す山田製作所
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。