大阪府中小企業家同友会 大東支部2月例会

株式会社Swingkids
専務取締役 南條律子さんの報告例会に参加してきました。

㈱Swingkidsは幼児教材の中古販売をされています。
要らなくなった教材を仕入れ、そこに思いを込めて綺麗にして販売をしています。

 報告者のの南條さんは面白い経歴の方で、この会社を立ち上げる前は助産婦さんをされており、500人以上の赤ちゃんをとりあげられた経験をもってます。
 この経験が、現在社員さん達への関わり、思いの原点になっていると言われてました。

 創業が2000年 2004年に法人として設立されました。
きっかけはお子さんが生まれた時に、幼児用教材を進められて買ったことです。
後日たまたまインターネットを見ていると同じものが半額以下で売っていることに愕然としたのですが、
「ちょっと待てよ、これは商売になるにでは?」と直感されて起業しました。
立ち上げたころは、競合他社もおらず、順調に売上を伸ばしていたのですが、現在は安売りする他社との競合で売上も伸び悩んでられます。
 会社もなんとか落着いた頃、自分は我武者羅に仕入れて売ってきただけで、経営について全然知らないと感じられたころに同友会に出会いました。
 そこから南條さんは水を得たように学び、実践され会社を良くしようと、奮闘されます。
 社員さんやパートさんにもその思いが伝わり、どんどん方針の決定等を決めるときでも意見を言ってくれるようになってきました。
 しかし、ある時、埼玉営業所でがんばっている社員さん(実の妹)が辞めたいと、言ってこられます。
 南條さんは、「何を甘いこというてるねん?こんだけいい会社にしようとしているのに?こんだけ皆の会社にしようと考えているのに」と怒りながら埼玉に駆けつけます。
 そこでじっくりと話を聞いているうちに、あることに気づきました。
「この子は本当に一生懸命している。顧客のクレームも一人で対応して必死でしている。」自分はそれを認めてあげれていなかったこと。
 妹さんからは「褒めて欲しかった」と言われました。南條さんは心から謝罪し、もう一度パートでもなんでも、自分の好きな時間だけでもいいから残って欲しいとお願いしました。
 今では、また社員に復帰されて無くては成らないパートナーとしてがんばっているそうです。

 助産婦時代に周りの家族を見ていて感じたこと。この生まれてくる子のおじいちゃん、おばあちゃん、どれ一人欠けてもこの子は生まれなかった。そのおばあちゃん、おじいいちゃんにもまた、おじいちゃんおばあちゃんがいてる、凄い数の人達に関わって生まれてくる人は、みんなかけがえの無い人間なんだ。
 今、南條さんはこの思いをもってよりいっそう、社員さん達の幸せ、顧客の幸せを考え追求されてる、心優しい経営者になられました。

追記
 そんな思いをこめて、今期初めての高校求人で新卒を2人採用されます。
 まっさらな二人が南條さんの愛情で、元気いっぱい、幸せな人生を歩まれるのだと確信しました。

 社員全員がかけがえの無いパートナー 山田製作所
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード