スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSAKA中小企業家 5月号編集後記

今年度より、大阪府中小企業家同友会が発行している機関誌(OSAKA中小企業家)の編集後記を隔月で書かせてもらうようになりました。
そのUPを自分のブログで行うってことです。
 では、第一発め投稿します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新しい期がはじまった。
同友会運動を木に例えると、運動は土の中の活動ではないだろうか?
根を張り、伸ばし、栄養をとる。また、隣り合う根から、違う栄養(情報)を得る。目には見えないが非常に大切なことである。
 葉を輝かせ、実をつける、成果を見せる部分は会社である。根から得た栄養で大きな実を毎年つけ増やし続けることが大切だ。そんな木が集まり林になり、森になる。
中小企業憲章制定とは、この木々の存在価値を自他共に認識する運動ともいえる。
 憲章は難しいとの声が多くある。関わり方のコツは、土の中(同友会)の運動からではなく、葉や実を持つ自社からの視点で関わっていけば、気づくこと、感じることが多くあるだろう。この憲章がもたらす果実は、自社に実るのである。
 今期いよいよ、中小企業憲章制定が本格化する。

*******************************************************************

な~んて始めなんで、硬めに書きました。
ご意見はこのブログにお願いします。



果実が育つ 山田製作所
スポンサーサイト

comment

Secret

がんばりましょう

 これからどんどん有意義な編集後記を書いていきましょう。同友会を客観的に考える視点が必要です。この視点を観察力ということもできます。よい文章を書くためのコツですが、これが自分自身を磨くコツでもあるのです。
 そのようにすることでネジ山が一回りし、以前よりはほんの少しだけ成長した視点がもてるのではないか、という思いで私は編集後記を書いてきたつもりです。

編集長さま
ありがとうございます。

自分も客観的に見れるようになりたいと、以前から思っています。自分を笑える人間って強いですよね。

編集後記、私には重責ですが、そんな視点を持てるように頑張っていきます。
 ご指導お願いします。
プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。