文章講座

昨日同友会広報部向けの文章講座に参加してきました。
 もう、8回ぐらいの参加ですが、文章を書くってことはなかなか難しいですね。
はじめの講義では、やっぱり鉛筆を使い手書きで書くことがいいらしいです。
パソコンはあまり考えなくても言葉が入力されるので、言葉に気持がはいらないとのこと。作家の藤本義一さんも同じことを言ってるそうです。仕事上の文章ではそんな時間はないですけど…。
 しかし、同友会の例会案内なんか作るときには是非やって行きたいと思います。

さて
昨日のお題は 「雨」
非常に難しかったです。以前の「母」や「夏」なんかの時は取上げることがすぐに思い浮かびましたが、なかなか出てきません。
終了時の講評で教えてもらったこと。400文字ぐらいの短い文章ではあまり大きなことを取上げない。取上げる時はその一部分だけをとりあげる。あまり大きい事柄を短く納めると無機質な文章になるらしいです。
 これって同友会の開会の挨拶なんかするときにも当てはまることです。
 それと、「雨」を主役にせずに、起こったこと感動したことを書きその中に「雨」が入ってるような感じにしたら良かったのかな?と受講生の方が言ってました。
 おかげさまで以前よりかは文章を書くことに抵抗はなくなってきました。相変わらず下手ですが・・・


何事も上達を目指して 山田製作所
スポンサーサイト

comment

Secret

山田さん月刊誌読ませて頂きました。
上手に表現していただき感謝感激です。
全員で回し読み、外向けのカタログの中にも折込をして
さっそく活用させていただきました。
文章講座 支部行事で参加できなくて残念でした。
次回も重なっており、思案しております。

泣き虫親父さま
ありがとうございます。
活用していただき嬉しく思います。
文章講座で先生に、これは山田さんが書いたの?って言われて、ほめられるのかな?と期待して「はい」といった所、誤字を指摘されて「こんな機関紙で誤字はあかん」と言われちゃいました。
文章講座、続きますのでお気軽に参加して下さい。
プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード