スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集後記6月

 若いころ先輩や上司などから言われた言葉を今でも思い出すときがある。
 私たちは経営者である。若い社員にとって私たちの言葉は、思っている以上に重みがある。時には何気ないアドバイスが、その人の人生に影響を与えることもある。
心に残る言葉は、あらたまった場のときよりも、普段の業務中や軽い相談ごとの時に多くあるようにも感じる。
 現在、当時の上司や先輩の年齢を越しているにも関わらず、その時の言葉は、色あせない。言葉とは年をとらない不思議な力をもっている。だからこそ大切にしていきたい。


修正です。

私たちは経営者の言葉は、若い社員にとって思っている以上に重みがある。何気ないアドバイスが、その人の人生に影響を与えることがある。
 本屋に行くと、偉人の言葉を集めた本が多く並んでいる。素晴らしい格言が数々書かれている。しかしこれをそのまま使っても社員の心に響かない。心に残る言葉は、あらたまった場のときよりも、普段の業務中や軽い相談ごとの時に多くある。
 今でも 若いころに上司に言われた言葉を思い出す。「もっと、色んな角度から見る癖つけろ、決めつけるな」その当時の上司の年齢をはるかに越えているのだが、しかし、その言葉は年をとらない、私の中で色褪せることは無い。
 言葉は不思議な力をもっている。経営者だからこそ言葉を大切にしなければならない。人の心に残る言葉に責任を持つために。


***************

こんな感じでどうでしょうか?

スポンサーサイト

comment

Secret

自分の気持ちを100%素直にそのまま書いてるblogが大好きです!

GOODです!

編集後記の内容をブログで、、、とは、ここのことだったんですねぇ。
ビックリ!!!色んな意味で、さすがですーー。

ほんと『言葉』は深いもんですよね。
ひとりごとと比べたら、文章短いように思うので、ぜひ膨らましてくださいね。

ブラボー

 思いも大切ですが、それを伝える技術は実はもっともっと大切にしたいことです。思いだけでは製缶はできません。おっと、これは失礼しました、こんなことは山田さんには釈迦に説法ですよね。これを機会にもっともっと文章力、自分力、経営力を磨いてください。

編集長さま
ありがとうございました。

まだまだ修行が足りませんね。こんな所からモノ作りのセンスを磨く方法もあるってこと、証明していきます。
プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。