クレーム

ご無沙汰してます。
景気悪い割には、なんやかんやと走りまわってバタバタしてます。

さて、今回の「技」は・・・
いいことばかりではありません。

お客様の品物なので詳しく書けませんが・・・
一般的にジャケット付タンクと言われる製品です。
やっと完成したと思った一昨日の夜、SUS製のタンクの周りにもう一層圧力のかかる、ジャケットと言われる部分から、わずかに漏れを発見・・・。

これを直すにはまず、漏れている場所を探し、その周りのカバーを外してからの修復です。
修復してからまた、元の美観に戻すのに丸々1日を要してしまいました。
結果お客様には大変なご迷惑をかけてしまいました。誠に申し訳ありませんでした。
また、協力して頂いたバフ加工の方々にも、夜遅くまでご迷惑をかけてしまいました。

何故、この様なことが起こったのか…
真の原因を追求しなくてはなりません。
漏れていた場所は溶接部が交差する、よく溶接漏れの起こる個所でした。
なら、それこそプロフェッショナルとして何故細心の注意が行かなかったのか?
本当に悔やまれます。
明日の朝、全社員で原因を追究です。

クレームはチャンスなどと言う本がありましたが、私はずっとそうは思っていませんでした。
クレームを出した時点で大変な迷惑をかけてしまっています。あとは、最善、最速の修正をして行くしかないのです。誠意を見せて信用を取り戻すなんて、その時考えるのは甘いと思います。
修正時はただ、お客さんにかかっているご迷惑をいかに最小限にするかのみ考えるべきと思っています。
その後も落ちてしまった信用を取り戻す…そんな考えを捨てて、真の原因を追究して、二度と同じような不適合を起さないことだけを追求する。
 この追求がいずれ「技」となり、その「技」がお客さんのお役に立てたときにやっと、少し信用をもらえるのではないでしょうか?

今はただ、ご迷惑をかけたお客様に対して申し訳ありませんの思いです。
スポンサーサイト

comment

Secret

素晴らしいコメントです。ISOの審査これだけ見せておけば、
大丈夫でしょう!

YOSHIMIさん
コメントありがとうございます。
この不適合で、懇親会参加出来ませんでした。すいません。
しかし、今回のはきつかったです。しばらく尾引きそうです。
真摯に受け止めて、真の原因を追究します。
プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード