機関紙編集後記10月号

お願いします。


 6年前理事会で、広報部前編集長藤原さんに出会った。「とんでもないこと言うおっちゃんやな」がその頃の印象だ。その後、広報部に入り、共に活動をさせていただいた。広報部会議では、議論と違うことを話し出す、やっぱりとんでもないおっちゃんだった。
 経営から身を引かれご子息のおられる帯広に行かれた。月に2回ぐらい「帯広通信」と言うメールで連絡をくれていた。楽しみに読ませてもらっていたが、感想の返信が少し滞ったとき、「もう送らん」っと怒られた。
 昨年帯広での青全交でお会いすることができた。夜の帯広で、元広報部の宮井さんと3人で美味しい料理と昔話で、楽しい時間を過ごした。
 今年の8月に脳梗塞で入院していたとメールが入り、その翌日には人生を振り返るような内容のメールが届いた。心配したが、また「とんでもないおっちゃん」に戻られたのだと思っていた。返信しないとまた怒られると気になりだした頃、藤原さんのご子息様から訃報を知らせる最後の帯広通信が届いた。
藤原さんは、豪快な「とんでもないおっちゃん」のまま私の心に残るだろう。
ご冥福心よりお祈りいたします。


よろしくお願いします。

これは大阪府中小企業家同友会の月刊誌である。OSAKA中小企業家の編集後記の投稿です。
広報以外の方もご意見下さいね。



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード