文明型から文化型のモノ作りへ

昨日社内の討論会で
文化型のモノ作りとは?で議論しました。

始めは答えを求めるような感じがありましたが、段々と面白いところに動いていきました。

これは私が答えを持ってるわけでもなく、正解があるわけでもない。
しかし、今のままモノ作りでは、もう行き詰っていることを認識すること。
そして山田製作所のモノ作りはどこに行くのか?

昨日の気づきは、文化的モノ作りは2つの視点あるように思いました。

一つは、中国等で作る低下価格な市場から離れ、自社のこだわりを持った製品を作る。
もう一つは、作り方。この製品への要望に応える。その要望のほとんどは図面にあること。そこにある無言の要望にも応えれるようなモノ作り屋
 こんな雰囲気でしょうか?

本日も答えを求めて文化的モノ作り追求しています。

加工途中の製品
DSCN3201.jpg

モノ作り開化 山田製作所
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード