展示会

今年も10月より展示会にてワイデクルを紹介していきます
10月中盤から大阪・名古屋・東京を連続します
いよいよ、当社が使っているワイデクル管理ボードの右端に展示会の日程がのってきました
今年は私が管理するのはここまで
あとは、美結ちゃんがやるべきことを張り出していきます
やらなけねばならないことがどれだけあるのか洗い出す会議も必要ですね
この会議の日程も決めるのは美結ちゃん
さて、いつから動きだすか楽しみです

ワイデクル管理ボードは、このような自主的に行動する教育にもお役にたてます

展示会の案内もどんどんしていきますが
これも美結ちゃんの行動が先ですね

ファイル 2016-08-31 19 32 18ファイル 2016-08-31 19 32 36


http://y-decl.com/

なんのために改善活動?

昨年、大阪商業大学の方たちがフィールドワークの研究でワイデクル事業を取上げ研究してくれました
その流れで、その中のリーダーが企業の改善活動をテーマに研究成果を中国で発表することになり、本日再度取材に来てくれました。
3Sの意義などを話ししている中で「なぜ改善活動をするのか?」との問いかけで
結構深く議論ができました。
毎日同じ仕事で普通に暮らせたら改善なんていらないのでは?
しかし、資本主義では競争があるのは事実、進化しないと生き残れない
そんなことより
仕事をしていく上で毎日進歩・進化したい
昨日できなかったことが今日できるようになる
昨日10個作れたものが工夫して15個作れるようになる
こんなところに働く喜びを持つことが大切なのでは?
等々
大学生のフレッシュな意見と議論ができて楽しい取材でした

ワイデクルはそんな進歩・進化に役立つことができる商品を作っていきたいと
改めて感じることができました

しかし、この若さで「なぜ改善が必要なのか」なんて考えていることに
一番感心したと同時に
中国のどこで発表するの?との問いには
いや~知らないです・・・って
今の子らしいところも見れました
なんにせよ
中国での研究発表がんばって欲しいです


ワイデクルホームページ
http://y-decl.com/


ワイデクルユーザーの仁張工作所さまがワイデクル管理ボードのことを
自社のホームページで書いてくれています
さすが大阪を代表する企業様
ワイデクル事業部が考えている以上に使われています。また近々勉強させてもらいに行こうと思います
以下 ホームページよりコピー

仁張工作所さまホームページ

合理化への取り組みが進んでいる京都(三和)工場における改善の事例です。今までもBIGPAD・タブレット・スカイプ・バーコード・・・IT化をどんどん推進してきましたが、「ひとの運用でもっと自由にフレキシブルに活用できる"見える化"できるものがあればなぁ」という意見から、持続的運用が可能な"見える化"に役立つホワイトボード【ワイデクルボード】を活用し始め、運用を軌道にのせることができています。これは、高い3Sレベルを実現される山田製作所様が発明された製品で、現場社員の要望にぴったり!と思い、購入させて頂きました。現在は、"組織運営管理ボード"と名づけ、全体活動をはじめとするいわゆる組織におけるTo Do管理に活用しています。BIGPADと並べて、工場中心に置き、朝礼やミーティングにおける情報共有ツールとして活躍しています。今後BIGPADと併用し、より決め細やかな組織運営ができることと期待しています。

ワイデクルホームページ
http://y-decl.com/



経営指針とワイデクル

7月14日・15日 中小企業家同友会全国総会in大阪に参加していました
全国の同友会仲間1300人あまりが集まった大イベントでした
その中にはワイデクルユーザー様も数名参加されており
お会いして話を聞くことができました
石川県の水上商会さまとの話の中で
経営指針をワイデクルで・・・と要望を言っていただきました
これは自分もワイデクルをプレゼンしていて感じていることです
本当に管理すべきことは日常の業務ではなく
経営指針に基づく経営課題への行動なのではと・・・

9月に同友会の青年経営者全国交流会(青全交)が石川県であります
久しぶりに青全交に参加して、その時までに
経営指針とワイデクルの構想を作ってみて
ワイデクルユーザーで同友会仲間でもある
水上商会さん ノムラ合成さん ユーアンドゆさん
と意見交換したいと考えています

ほんと同友会仲間はありがたいです

ワイデクル管理ボードワイデクルノート

http://y-decl.com/
ワイデクルホームページ

検査のタイミング

ファイル 2016-07-12 11 33 19
毎朝朝礼でISO勉強会をしています
本日は工程内検査でした。
若手たちにでは工程内検査はどのタイミングでやるの?との質問に
「QC工程表に決められておりそのタイミング」とのこと
それは、リピート性のある商品のことであり、またそれはISO外部審査で言う教科書通りの答えです
ほとんどが1品料理の仕事なので、実際はなかなかここでと決めれません。
違う製品でタイミングを聞いたところ答えが3つぐらいに分かれました
こんなものこそ
朝礼で進捗などの情報を全部出し、どのタイミングで検査をするのかを統一しないと品質は保てません
ワイデクル管理ボード 2つも使っていますがまだまだ課題がみつかります
反対に言うとワイデクル管理ボードがあるから、浮き彫りになる課題なんですけどね

ワイデクルホームページ
http://y-decl.com/

プロフィール

山田雅之

Author:山田雅之
感性でもの作りをする製缶板金屋の専務です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード